Oculus Quest開発

すべてのOculus Quest開発者は、Questストアと追加リソースへのパブリッシングアクセス権を得る前に、コンセプトレビューに合格する必要があります。Questアプリ開発サイクルのできる限り早い段階で、コンセプトドキュメントをレビュー用に提出してください。その他の情報およびコンテキストに関しては、「アプリをOculus Questストアに提出する」をご確認ください。

Oculus Questストアに提出されるアプリは64ビットである必要があります。

32ビットのOculus Questアプリの申請の受付は終了しました。新規もしくはアップデートしたOculus Questアプリは64ビットである必要があります。このポリシーに適合できない場合はOculusにお問い合わせください。Oculus GoとGear VRアプリにはこの変更による影響はありません。

口形素のリファレンス

Oculusリップシンクは、人が話す言葉を「口形素」と呼ばれる一連の口の形にマップします。口形素は、音素の視覚的な表現です。それぞれの口形素は、特定の音素セットに対応する口の形を示します。これらの口形素は、時間をかけて、自然な口の動きをシミュレートするように補間されます。下の表には、Oculusで独自のデモ形状を作成するために使用したリファレンス画像を示しています。それぞれの行について、口形素名、その口形素に対応する音素の例、単語の例、その口形素の軽い発声と強調した発声を示す画像を掲載しています。独自のモデルを作成する際に参考にしてください。この15の口形素と、これらがどのように選ばれたかについて詳しくは、口形素のMPEG-4規格のドキュメントをご覧ください。

アニメーションを付けた例

これは、下のリファレンス画像を使用して作成し、サンプルシーンで使用しているモデルです。

リファレンス画像

それぞれの画像をクリックすると、大きいサイズで表示できます。それぞれの口形素について、音素のサブセットのみを示しています。

口形素名音素軽い発声強調した発声3/4回転
sil中性(なし - 無音) 
PPp、b、mput、bat、mat
FFf、vfat、vat
THththink、that
DDt、dtip、doll
kkk、gcall、gas
CHtS、dZ、Schair、join、she
SSs、zsir、zeal
nnn、llot、not
RRrred
aaA:car
Eebed
Iihtip
Oohtoe
Uoubook